同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

WOT【学内限定】『I Am Here』+対談

【学内限定】『I Am Here』+対談

開催年月日: 2021/11/11(木)
開催時間: 17:00開場/17:30上映(18:30上映終了)
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 無料
申 請:
校 地: 今出川

【学内限定】『I Am Here』+対談
© 2021 I Am Here

報告

 

インフォメーション ( 詳細 )

《同志社レインボー映画祭》
 
 性の問題は一部の少数者(マイノリティ) だけに関わるのではなく、すべての人に関わる「自分事」として捉えるべき問題です。
今回の企画を通して、それぞれの個を尊重し「私が私のままで輝ける」にはどうすればよいか、一緒に考えてみましょう。

 
第2回 映画上映『I Am Here』+対談(浅沼智也監督・菅野優香准教授)
*浅沼監督のご登壇が急遽決定いたしました!

『I Am Here~私たちは ともに生きている~』*日本語字幕付き上映
I AM HERE - We are here together -
2020年/日本/59分/日本語字幕つき
監督・主演:浅沼智也
出演:愛光、青木未央、和泉有紀
 
2004年、日本のGID当事者たちが待ち望んでいた『GID特例法(性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律)』が制定された。当事者として既に手術を経て性別変更を済ませている僕、浅沼智也は「当事者の現状を多くの人に知ってもらい、より生きやすい社会になるようにしたい。孤立しがちな当事者に、決して一人ではないというメッセージを送りたい」との思いから映画制作を決める。
今を生きる日本全国の性に揺らぎがある当事者にフォーカスを当て、それぞれの思いを映し出したドキュメンタリー。
※本作のオリジナル言語は日本語ですが、情報保障のため日本語字幕がついています。
 
◎上映後、浅沼監督菅野優香准教授(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科)による対談あり
 
 
同志社大学学生・法人内教職員限定
200名限定(1人1枚まで/申込先着順/定員に達し次第、募集を締め切ります)
・完全事前予約制です。事前予約されていない方は入場出来ません。
・自由席(座席制限あり)
・上映開始以降の入場はお断りしております。その場合チケットは無効となりますので、上映開始前までに必ず会場までお越しください。

◎参加申込みはこちら
https://forms.office.com/r/JayktSsF58

〆切:11月8日(月)17:00

新型コロナウイルスの感染拡大状況により、開催を中止する場合があります。最新情報はD-Live、大学公式サイト等をご確認ください。

主催:同志社大学学生支援センタースチューデントダイバーシティ・アクセシビリティ支援室
共催:同志社大学今出川校地学生支援課

お問い合わせ:同志社大学今出川校地学生支援課
TEL:075-251-3217(ホール担当)
E-mail:ji-gakse@mail.doshisha.ac.jp

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム