1. ホーム
  2. クラブ・サークル紹介
  3. 体育会
  4. サッカー部

サッカー部SOCCER CLUB

画像

画像

画像

沿革

創部年
1897年
体育会加入年
1933年

活動紹介

創部140年を迎える歴史あるクラブ。2020年より1部リーグに復帰し、2023年には6位と、最後までインカレ争いを繰り広げた。近年Jリーガーを輩出するなど、着実に力をつけ成長している。一昨年成し遂げた16年ぶりの天皇杯出場、41年ぶり1回戦突破の快挙にも満足せず、およそ200人の部員全員で天皇杯、総理大臣杯、インカレという全国の舞台を目指す。
A,B,C,D(男子)、女子チームの計5カテゴリーで活動中。

活動拠点(キャンパス等)

京田辺

活動拠点(施設等)

京田辺キャンパス_屋外施設

経験者・初心者比率

年度目標

昨年度は関西リーグ最終節までインカレ出場の可能性を残すも6位で終え、悔しさの残るシーズンとなりました。ですが近年、天皇杯出場やインカレ争いを繰り広げ、着実に成長を遂げてきました。そうした中で弊部が目指すは、全国大会常連校というもう一段階上のステージです。そこで今期はスローガンに「繋〜その先にある未来へ〜」を掲げ、弊部の目指す未来へとつながる行動を徹底し、個々の躍動を通じて勝利を掴みとります。今シーズンも多大なるご声援をよろしくお願い致します。

主な卒業生

角島 康介(プロサッカー選手 ファジアーノ岡山) 林 佳佑 (プロサッカー選手 ヴィッセル神戸) 荒堀 謙次 (プロサッカー選手 横浜FC) 安川 有(プロサッカー選手 清水エスパルス) 三浦修(プロサッカー選手 ガイナーレ鳥取)児玉 慎太郎(プロサッカー選手 ヴィアティン三重)敷田 唯(プロサッカー選手 AC長野パルセイロ)岩岸 宗志(プロサッカー選手 カマタマーレ讃岐)山脇 樺織(プロサッカー選手 ギラヴァンツ北九州)

主な実績

1985年(昭和60年)第9回総理大臣杯全国大学サッカートーナメント 第3位 1993年(平成5年)第42回全日本大学サッカー選手権大会 準優勝 1995年(平成7年)第44回全日本大学サッカー選手権大会 第3位 2011年度(平成23年)関西学生サッカーリーグ2位、全日本大学サッカー選手権ベスト8 2022年度(令和4年)天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会2回戦進出

団体構成

同志社大学 同志社女子大学 大学院生
1年次生 41人 2人 0人
2年次生 44人 1人
3年次生 45人 0人
4年次生以上 51人 1人
全部員数 185人

関連リンク

SNS

お問い合わせ

週間活動スケジュール

年間活動スケジュール