1. ホーム
  2. クラブ・サークル紹介
  3. 文化系公認団体
  4. 写真同好会

写真同好会Doshisha Photo Lovers

画像

画像

画像

沿革

創部年
1971年

活動紹介

写真同好会は、写真の撮影や写真作品の制作を通じた表現力を磨くことに重きを置いています。“きれいな写真を撮りたい” “人の心を動かす写真が撮りたい” “あっと言わせる面白い写真が撮りたい” などなど、それぞれが様々な目標をもち活動しています。

サークルの人数は30人ほどで、経験者はもちろん、大学からカメラをはじめてハマっている人も多いです。風景写真が得意な人、ポートレートが得意な人、スナップ、星空、創作などなど、幅広いジャンルで熱量をもって活動しています。

活動頻度はおおよそ週1回で、撮影会と講評会をそれぞれ隔週で行っています。
撮影会は、京都や大阪の寺社や水族館、名所など、写真の題材となりやすい場所に訪れ、みんなで写真の撮影を行っています。
講評会はみんなで写真を出し合って、ZOOMや対面で自分の写真のこだわりや感想を交換し、自身の写真撮影の技術を磨いています。
そして、最終的な表現の場として写真展を年に数回開催しています。
また長期休暇には、いつもの撮影会では訪れられない場所で合宿を行います。
これらの活動は基本的には自由参加となっており、自分のペースで活動しやすいです。

また、他大学の写真団体と交流を行うなど対外交流も盛んです。関関同立の写真部との合同撮影会や合同写真展、FUPC(日本学生写真部連盟)の活動にも参加できます。

BOX(部室)にはAdobe製品が使えるPCやA3ノビまで印刷できるプリンターを設置しています。さらに白黒フィルムの現像、紙焼きができる設備があります。

活動拠点(キャンパス等)

今出川

京田辺

活動拠点(施設等)

その他学内施設

経験者・初心者比率

7 : 3 程度

年度目標

2023年度の活動目標は【撮りたいを撮れる、創りたいを創る】です。

写真同好会の活動やサークル内での交流を通じて、各々が撮りたいと思った写真を撮ることができるように、表現したいことが表現できるように、活動を進めていきます。

会員それぞれのオリジナリティを尊重し個々の撮りたい写真を撮れるよう、サークル全体が一丸となって活動に励んでいきます。

主な卒業生

主な実績

2020年ePHOTOMATCHインカレ秋大会 優勝
2019年フォトマッチインターカレッジ西日本大会準優勝
2020年ePHOTOMATCHインカレ冬大会 3位入賞

団体構成

同志社大学 同志社女子大学 大学院生
1年次生 16人 2人 1人
2年次生 8人 3人
3年次生 10人 1人
4年次生以上 5人 1人
全部員数 47人

関連リンク

SNS

お問い合わせ

週間活動スケジュール

金曜日
21:00~
隔週金曜日にZOOMにて、各自出し合った写真の講評を行います。自分の写真のいいところ・悪いところを話すことで写真の言語化や、アドバイスをもらうことで作品制作の技量の向上を目指します。

堅苦しいものではなく、みんなでわいわいと意見交換しています。終われば残った人で雑談することもしばしばです。 ( 各校地BOX )
土曜日
13:00~16:00
隔週土曜日または日曜日にみんなで一緒に写真の撮影を行います。
一緒に撮影することで、新たな視点に気づくことができます。
また、カメラを持ちながら話すことで親睦が深まります。 ( 学外施設 )
日曜日
13:00~16:00
隔週土曜日または日曜日にみんなで一緒に写真の撮影を行います。
一緒に撮影することで、新たな視点に気づくことができます。
また、カメラを持ちながら話すことで親睦が深まります。 ( 学外施設 )

年間活動スケジュール

6月
関関同立展 ( イロリムラ(学外ギャラリー) )
9月
夏合宿 ( 未定 )
10月
新人・2回生展 ( ハリス理化学館同志社ギャラリー )
11月
EVE展 ( 今出川キャンパス )
12月
3回生展 ( 学外ギャラリー )
2月
卒業展 ( 学外ギャラリー )
2月
春合宿 ( 未定 )