同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

短編アニメーション上映 「ゴールデンタイム」 (2013年/22分50秒/カラー)
ゴールデンタイム

 

bふらっとプログラム短編アニメーション上映 「ゴールデンタイム」 (2013年/22分50秒/カラー)

短編アニメーション上映 「ゴールデンタイム」 (2013年/22分50秒/カラー)

開催年月日: 2015/10/14(水)
開催時間: ①12:30~ ②14:30~ (2回上映)
開催場所: ローム記念館 劇場空間
料 金: 無料
申 請:
校 地: 京田辺

報告

インフォメーション ( 詳細 )

製作=ROBOT
監督・脚本・アニメーション・キャラクターデザイン=稲葉卓也
音楽=烏田晴奈
サウンドデザイン=ONPa
プロデューサー=松本絵美


■ストーリー
舞台は高度成長期からバブル期に向かって日本がめまぐるしい発展を遂げていた1980年代の日本。ある日、長年使われてきた60年代製の家具調テレビが廃品置き場に捨てられてしまう。テレビは捨てられた事を受け入れられず廃品置き場から脱出を試みるのだが…。


㈱ロボットはCM、映画、番組など、あらゆるジャンルの映像作品を多数制作する傍ら、常に上質のオリジナル短編アニメーションの制作にも力を注いできました。そんなロボットが第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞作「つみきのいえ」に続き、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門「優秀賞」を受賞した最新作「ゴールデンタイム」がこのたびローム劇場空間に登場します。

監督、脚本、キャラクターデザイン、アニメーション等のすべてを担当したのは、ロボットが誇るアニメーション作家集団CAGEの稲葉卓也。本当にあったかもしれない廃品たちの物語を独特のセンスでユーモアたっぷりに描き、どこか懐かしくも切ないエンターテイメントムービーを完成させました。

本作はソウル国際カートゥーン&アニメーション映画祭「観客賞」「アジアの光賞」の2冠受賞を皮切りに数々の国際映画祭にも多数ノミネートされ、海外でも高い評価を受けている作品です。同原作で新たに描きおこした絵本も制作映像とは又違った絵本ならではの楽しみがあります。

※今回は、映画上映に加え、監督によるメイキングトークや、6月に♭プログラムで上映し好評だったストップモーションアニメ「電信柱エレミの恋」の中田監督との対談、過去映像作品の上映に、絵コンテの展示と盛りだくさんの内容でお届けします。

 

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム