同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

その他新入学生歓迎特別講演会(京田辺)

新入学生歓迎特別講演会(京田辺)

開催年月日: 2014/04/17(木)
開催時間: 12:30~14:00(12:00開場)
開催場所: 京田辺:多目的ホール
料 金: 無料
申 請:
校 地: 京田辺

新入学生歓迎特別講演会(京田辺)

報告

テレビCMで広まった「今でしょ!」のフレーズが2013年度ユーキャン新語流行語大賞を受賞した東進ハイスクール現代文講師、林修さんの講演会(学生支援課主催)が4月17日、京田辺校地ハローホールにて開催された。入りきれないほど集まった学生を前に、新入生世代をよく知る林さんならではの熱いメッセージが笑いを交えながら語られた。講演内容の要約は次の通り。
 
社会人と学生の違い
 君たち学生は80点90点でも褒められるでしょうが、社会人は満点とって当たり前。例えばタクシー運転手が、客10人のうち9人を無事送り届けて合格、という訳にはいかないんです。お金をもらっている以上、払っている人に責任を持たなければなりません。君たちはまだ無責任の状態で、この無責任でいられる間に色んなことに挑戦して、失敗して、社会に出た時にはある程度形にしないと厳しいでしょうね。この2、3年をどう過ごすかで今後の人生の基礎が決まると思ってください。
 
社会で必要なコミュニケーション能力を養う
 今の学生を見ているとコミュニケーション能力がずいぶん低いな、と思います。基本的に言葉は伝わらないもの。そんなことはない、という人は、普段から通じるような仲間とウダウダやっているからですよ。傷つけることもなく何も言わずとも分かってくれる仲間とばかりいると、全く違う環境の人とどうやったら上手く橋を架けられるのかが分からない。ちょっと言いにくいですが、一番要らないものは「友達」。特に男の子。居心地の良い仲間とだけいると、社会で必要なコミュニケーション能力が身につきません。気に入らない人間や知らない人間と関わることも大事になってくるんです。
 
相手を観察し同調する
 人は分かってほしいように分かってほしいもの。相手をみていると、どう分かってほしいかのサインはたくさん出ているので、それを観察する。そういう能力を養うという点では女の子を口説くことも有効な方法なんです。例えばこの人が大事にしている事は何か、よく使う言葉は何か、を観察するとコミュニケーションがとりやすくなる。そして、相手の話すペースや、結論を言うのが先か後かとか、相手の話し方に合わせると「あいつは分かってくれる奴だ」となるんです。こういうことを今の間に訓練すればいいのだけれど、無料ゲームやツイッターばかりしていると、それはなかなか難しいでしょうね。
 
自分だけの方法論を
 本当に現代文ができる人は例外なく数学ができて、その逆も言える。要素に分解して考えるのには数学が一番です。社会に出て、やり方が分からないから答えが出ない、ということを避けるためにも、文系の人はもう一度数学を勉強してください。
 現代文にある例示と比喩、分かりますよね。相手に対しどういう例えなら伝わりやすいか、を考えながらコミュニケーションをとる。伝達能力があって初めて相手に伝わる。だからもちろん論文などで伝えたりする理系にも必要で、文系だから、理系だから勉強しなくてよい、とはならないんですよ。
 
 勉強法も一日の過ごし方も、自分のやり方はどれが良いか無責任の間に色々試しておくべきです。チャレンジすれば、自分のやりたいこととやれないこと、できることとできないことが見えてきますから。
 君たちに必要なこと、それは色々やってみて未知のものに触れること。それにはまず、本を読んでください。色んな生き方を知り、色んなことを思う。すると、自分と対比し、自分と対話する時間が増える。もう一つ、文章を書くことも大切。書くことで自分の考えを見つめ直し、自分と向き合えます。
 
強い意志をもって
 皆さん目標はありますか?目標を目指して頑張ることが「意志」。目標は高くて良いんです。若いんだから多少背伸びをしなければ背は伸びません。目標に向かって突き進む姿こそが迫力になる。そして圧倒的な意志を持つと、こいつの話を聞いてやろうかな、と思われる人間になれる。
 何でもいいんです。他人に迷惑をかけない程度に自分の方法論を工夫しながら、探しながら、突っ走ってください。そして惰性のダラダラした緩い時間を断ち切ること。時間はお金には代えられない価値がありますから。
 
 今日僕が話したことを素直に受け入れる必要は全くありません。でも、これは受け入れるぞ、ということが一つでもあれば、始めるのは明日からではなく「今」でしょ、ということです。(談)

インフォメーション ( 詳細 )

同志社大学に入学された皆さんは4年間で授業や課外活動から多くのことを学んでゆくことでしょう。しかし、必ずしも楽しいことばかりではなく困難や挫折もあることでしょう。そんなとき、勇気をもって困難を克服していけるよう、学生支援センターでは、各界で活躍中の著明人をお招きして両校地で歓迎特別講演会を開催いたします。
多くの困難を乗り越えて現在の活躍にいたる方々からのお話は必聴です!!

<京田辺>
日時:4月17日(木)12:30~14:00(12:00開場)
講師:林 修氏(東進ハイスクール 東進衛星予備校 現代文講師)
演題:「大学生に“今”伝えたいこと」

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム